検索

公民館の雨樋補修と塗装工事について

更新日:2021年10月1日

こんにちは!


日中はまだまだ暑いですが、朝晩少し涼しい日も増えてきましたね。

秋の虫も鳴き始めていて、ジリジリ暑い日差しの中でも秋は始まりつつあるんだなぁなんて思う今日この頃です。(こんな暑いなか元気なら夏の虫じゃん、とも思う)


近くを通った方はお気づきかと思いますが、

8月の終わり頃から、公民館の周りに足場が組まれています!


古くなってきた公民館の外壁塗装工事が行われるためです。

工事は9月いっぱい行われる予定ですので

きれいになった公民館を見られるのは10月です。

その頃にはもう涼しくなっていることを切に願います…!


塗装工事に先駆けて、

壊れていた雨樋(あまどい)や漆喰の補修を自治会で行うことになりました。


実は公民館の雨樋、

よく見ると外れています。(よく見なくても外れてますね)


雨が降るともう、こんな感じなのです…

↓↓↓

(⚠️動画の途中で激しめの雷が鳴ります!音を小さくして見てくださいね!※スピーカーマークを一度クリックorタップすると音が消せます)

ダダ漏れです。

雨バシャバシャです。


公民館の建物は、50年くらい前に建てられたそうなのですが、

こんな感じで雨樋を固定していた(であろう)釘が錆びて抜けてきている状態でした。

(汚くってすみません!もはや原型がよく分かりませんね)


このキノコみたいな形の釘、傘釘といって本来はトタン板を固定するのに使う釘だそうです。これをもっと丈夫に固定できるネジ類に変えて、補修をすることに。



まずは雨樋の掃除です。会長さん、ホースを持って水を流しています。



そしてネジをつけていきます。かなりの本数があるので、大変です。


暑いなか2日間かけて雨樋をまっすぐに直しました!


他にも消防団の詰め所の屋根瓦の漆喰の補修などを進めていく予定です。


こちらは補修作業のために集まった方々✨

お疲れさまでした!

(今後は若者の手もぜひ借りていきたいとのこと!DIY好きのお父さんたち(お母さんでも!)、集まれ〜!)


来週からは業者さんによる塗装工事が始まります。

公民館はいつも通り利用できますので、よろしくお願いします。


10月にきれいになった公民館に会えるのを楽しみにしていてくださいね⭐️

それではまた〜^^





閲覧数:259回

最新記事

すべて表示